アラフォー女子の婚活奮闘日記

結婚相談所事務員が、身を以て婚活に挑みます。笑いあり涙ありの婚活備忘録です。

作戦会議

入会手続きも済まし、作戦会議という名の打ち合わせに行きました。

 

必要な書類

独身証明書(本籍地のある役所で取得)

・年収証明

・卒業証明

 

ここで源泉を提出するので会社名バレます。

もちろん全てを話し、その上でいち女性としてどうしても結婚したい!

自分の会社でもたくさんのお客様のご成婚を見て来て、パーティや合コンでは結婚に繋がる成果もなく、こういう所での出会いの良さを分かっているからこそ、やりたい!!とハッキリ自分の気持ちを伝えました。

 

担当の方もすごく驚いていましたが、上席に確認してもらい、 一緒に頑張っていきましょう!と、快くオッケーして頂きました。

 

というわけで、晴れてスッキリとした気持ちでスタートする事に!

 

 私のプランは、

月紹介が6名、検索から10名申込可能。

36歳という年齢的にも、6名の紹介から1成立、10名申込から1成立で、毎月2名ずつくらいお見合い(ゼクシィではコンタクトと言う)して、20名くらいには会う気持ちで…とのこと。

 

かなり厳しいですね。

申し込んでも申し込んでもプロフィールだけでお断りされる事の方が多いって事です。

でも普通に生活していたら、毎月2人の異性と出会う事ないです。

 

そして成婚に向かう三箇条なるものが。

・素直な心

・人としてのモラル

・諦めない気持ち

  

あ、はいって感じです。

ホントその通りだから。

素直じゃない人は、お世話してもらう立場で人との縁も繋がりにくい。

 

 ただでさえ、同じ業界の私を担当するのはやりにくいと思うので、条件の幅は言わないことにしました。

うちの会社でも、プロフィールだけで狭めてはもったいないし、会ってみないと分からないからと散々言っているので…。

 

さぁどうなる事やら…。

 

次はプロフィール写真を撮りに行かねば!

 

入会手続き

ずっとゼクシィの動向をみてきて、会員数も増えてきたと思われる頃私は入会しました。

 f:id:konkatsu-ex:20170504003647j:image

 

ちょうどその頃、中部と関西にはシンプルプラン(検索10名9,000円)というのはなく、スタンダードプラン(検索10名、担当からの紹介6名)が、通常16,000円→女性のみ12,000円のキャンペーン中でした。

※2016.9月で終了

 

会員数も増え、ある程度のマッチングプールが確保できた為、このキャンペーンは9月で終了し、10月からはシンプルプラン導入と共に他のプランは通常料金になるとの事でした。

 

とにかくこのキャンペーンは利用したかったので、あまりにも変なカラクリがあるなら、手続き後クーリングオフしたらいいという気持ちで行きました。

 

なぜ、検索10名の安いプランではダメなのかは、また別の機会に書きたいと思います。

 

担当の女性は、私より多分少し年下で、親しみやすそうな人でした。バリバリキャリアの人は頼もしいけどちょっと苦手なのでホッとしました。

 

ひと通り説明をして頂き、ちょっと迷ってる風の演技をしてクロージングの仕方を見たかったのですが、こんな時に限って仕事で急遽呼び出し電話…(涙)

2時間後には仕事に行くはめになってしまった為、こっちが畳み掛けるように、やりますやります!入会のつもりで来てるんで!と急いで手続きをしてもらいました…。

 

次の来店は作戦会議となる打合せ。

それまでにプロフィールを埋めてくるよう宿題を出されました。

 

※この日記はさかのぼって書いています。

 

最大限の知識を活かして…

世間でいう結婚適齢期をとっくに過ぎ、子育て真っ最中の友達とは疎遠になり、それなりに仕事も楽しんでいるものの、いつも同じメンバーで、いつも同じ話でバカ笑い。

 

男女共に結婚しない人口も増え、独身である事をそこまで後ろめたくも感じなくなった世の中ですが、このまま30年、40年先も1人で、このまま孤独死…かと思うと、ホントやるせない気持ちになる訳です。

 

私は以前ブライダル業界におり、32歳の時に結婚相談所業界に転職。

現在丸4年。36歳です。。

 

結婚式という晴れ舞台では、どんな人でも間違いなく新郎新婦が主役で、みんなに祝福され心から最高の笑顔で当日を迎えられます。 

あのキラキラ幸せオーラは、本当に見ているこちらまで幸せになります。

 

仕事でどんなに辛い事があっても、私はその笑顔により嫌な事も吹き飛び、何十回、何百回と結婚式を見ても、毎回元気とパワーをもらっていました。

 

そして、プライベートでは結婚式に行くばかりで、結婚までにも至らない私を含め、世の中彼氏彼女がいない人も多いという現実。

 

共感できる部分があるからこそ、今度はそんな人たちのお手伝いをしたい!と思い、この業界に入りました。

 

が、現実は難しいもので、人と人が結婚出来る縁に恵まれる事は、努力だけではどうにもならない事もあるという現実を突きつけられるのです。

 

しかし、そんな中でも私のお客様がかなりの確率でご成婚となり、やはりこの仕事をして良かったと心の底から思えたのでした。

 

現在は部署異動となり、直接会員様と接する事はないのですが、誰よりも会員の動向をチェックしており、密かに、あ、この人とこの人お見合いなってる!頑張れ!と思う日々なのであります。

 

そういう意味でも全会員様の動向を把握できる自分の会社では登録できません(笑)

 

業界のこともだいたい把握しているので、メリット、デメリットも踏まえた上で、この度「ゼクシィ縁結びカウンター」に入会することにしました。